輔-task-について

治療のエッセンス③

広島市西区大芝にある鍼灸院

疲労回復処 輔-task-鍼灸院の恩田です

さて、前回までは、輔-task-鍼灸院においての治療のエッセンス①は鍼灸治療、②は呼吸であるとご紹介してきました。

最後となる今回の治療のエッセンス③は、「運動」です。

運動といっても、走ったり、跳んだり、バーベルを持ち上げたりなどの筋トレのようなハードな運動ではありません。

個々の体の特徴に合わせて、「緊張状態」から抜け出せなくなっている体を「回復状態」へ移行させるための、エクササイズを提案していきます。

体が交感神経優位の「緊張状態」から抜け出せなくなっている人は、疲労やケガから回復するためにしっかり働いて欲しい筋肉や関節がうまく機能しなくなっています。

当院でやっていただく運動は、呼吸と組み合わせて緊張のスイッチを切り、体が「回復状態」へ移行するために必要な、筋肉や関節を使えるようにする「エクササイズ」です。

今まで、スポーツなど体を動かす経験がない方や、運動に自信がない方でも、簡単かつ効果的に出来るエクササイズやマシンを使ってマンツーマンで指導させていただきますのでご安心ください。

また、回復状態へ導くだけでなく、クライアント1人ひとりの「体の使い方」や「動きの癖」も同時に修正していきます。

そうすることで、痛みや疲労からの回復効果が促進するだけでなく、「疲れにくい体」や「痛みの出にくい体」となってくるのです。

まとめ

輔-task-鍼灸院の治療エッセンスをまとめると

①症状のある部位への治療と並行して、ゆっくりじんわり温かいお灸などを用いて副交感神経を刺激することで体をリラックスさせる「鍼灸治療

②交感神経の働きを鎮めるために、自律神経と密接な関わりを持つ「呼吸」を整えて、緊張のスイッチを切る。

③緊張のスイッチを切ったら、体を「緊張状態」から「回復状態」へ移行させるための「運動」を取り入れる。

この3つの要素を治療のエッセンスとしています。