身体の仕組み

姿勢を矯正しても姿勢は良くならない

慢性的に続く肩こり・腰痛

どうにかしよう!と病院や治療院に行った際に、「あなたの痛みの原因は”姿勢”が悪いからです」と言われたことがありませんか?

 たしかに不良姿勢の代表である「猫背」や「反り腰」は長時間かつ習慣的に続けていると、肩こりや腰痛などの原因となります

その対処法として、胸の筋肉や、股関節の前にある筋肉が硬いからストレッチをして、背中の筋肉は弱っているからエクササイズで鍛えましょう!みたいな指導された経験はないでしょうか?

さらに、「もうちょっと胸を張って」「アゴはひいて」「頭のてっぺんから天井方向に引っ張られているように」などの姿勢に対するアドバイスをもらって姿勢を正す指導もよく耳にします(というか昔、私がしてました)

 他にも、骨盤や胸郭(肋骨)に歪みがあるので矯正が必要です!というパターンもあるかも知れません
それらの施術を受けると、直後には姿勢が良くなり、肩・腰の症状も緩和されることも多く経験します

しかし、数日後にはまた姿勢が崩れ、肩・腰に嫌な症状が戻ってくることも同じくらい多くあるように思います

これだとまたすぐに施術を受けにいくか、いつ何時も常に良い姿勢をキープすることに意識を向けなければならなくなります

じつは、姿勢を正してもすぐに元の不良姿勢に戻ってしまうのには理由があります

それは、姿勢は「脳の働き」によって無意識的に調整されているからで

この「無意識に調整されている」ということが重要で、
姿勢は意識的に変えることもできますが、もし姿勢を意識的にしか調整できなければ、ヒトは転ばないように必死に体を固めることに精一杯となり、仕事や勉強はおろか、立って移動することすらままならなくなるはずです

脳は視覚や前庭感覚(頭の位置や加速)、体性感覚(触圧覚や温度覚、関節の曲がり具合など)の身体の各センサーから情報を集めて、今、自分の身体はどういう状態かを認識します

そこから、目的に応じて身体をどのように動かすか計画を立てて、末梢の筋肉などに指示をだして姿勢の維持や運動をおこないます

しかし、もし身体の各センサーからの情報が誤った情報だとするとどうなるでしょう?

脳は誤った情報をもとに、計画と指示を出してしまうため、結果として現れた姿勢や運動はいびつなものになってしまいます

これが猫背や反り腰などの不良姿勢や骨格の歪みの原因であり正体です

ということは、
姿勢を正すためには姿勢を良くしようと意識をしたり、骨格の矯正をするのではなく

そもそも正確な体の情報が身体の各センサーから脳に伝わっているか?
確認することが姿勢を良くするためには重要な要素であると言えます