疲労と頭痛

頭痛には大きく分けて、一次性の頭痛と二次性の頭痛とがあります

一次性頭痛

一次性の頭痛とは、頭痛自体が病気であり、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」や「慢性頭痛」などと呼ばれるものです

片頭痛、緊張型頭痛、群発痛など

二次性頭痛

二次性頭痛とは、他に原因となる病気がありその症状として起こる頭痛を総称したもので、症状としての頭痛です

クモ膜下出血による頭痛、髄膜炎による頭痛など、多くの疾患が頭痛を起こします

頭痛に対して施術するにあたって、まず危険な病気によっておこる二次性頭痛を見逃さないことが重要となります

危険な頭痛

「いつもの頭痛と違う」、「今まで感じたことのない激しい頭痛」、「言葉をうまく話せない、ろれつが回らない」など

普段と異なる症状が出ている場合はすぐに医療機関で診てもらいましょう


鍼灸の適応となる頭痛

片頭痛や、緊張型頭痛など慢性的な頭痛は鍼灸治療の適応となります


頭痛への施術方針

ストレスや疲労がたまると、交感神経が優位となり血管は収縮し血流は滞り、姿勢は猫背や反り腰で首は前に出ていたり、アゴが上がってきたりします

その状態が続くことで、首肩の筋肉は凝り固まり、痛みや頭痛が誘発されます

そのため、まずは鍼灸などで首肩の筋肉の緊張を落とし血流の改善を図ります

さらに、猫背や頭が前にでた姿勢で首肩に大きな負担をかけていることが原因の一つと考えると、首肩の筋肉をほぐしただけでは十分ではありません

そこで、鍼灸などの施術の後に体全体の緊張を緩めるストレッチや不良姿勢に対するエクササイズなどにも取り組んでいただきます

加えて、当院では施術後にエクササイズのやり方やポイントなどをまとめたプリントをお渡ししますので、施術に来られない日でも頭痛のセルフケアができるようにサポートさせていただきます


片頭痛に関して

片頭痛に関しては施術を行うことで血管が拡張し施術後や翌日に頭痛を誘発することがあります

しかし、これは鍼灸が片頭痛のメカニズムに作用しているためであり変化を及ぼしている証拠です。翌日に片頭痛を誘発したとしたとしても、その後、継続的に鍼治療を施行することにより片頭痛の頻度が減ったとの研究報告もあります

初回の施術はお試し価格の3000円で治療を受けることができます

※鍼灸プラスリカバリー60の場合